カメラのワークショップを開催しました!

2017.03.13

こんにちは。
DoorマネージャーのIZUMIです。
 
3月11日(土)にカメラのワークショップを開催しましたので今日はほんの一部ですがレポートさせて頂きます。
 
今回の企画は私自身、持っているカメラの機能を全く使いこなせておらずAUTO任せで勿体無いなぁ…という想いからスタート。
きっと同じ想いをされているの方がおられるはず!と思い開催を決定しました。
講師には雑誌を中心に活躍されている竹村麻紀子さんをお迎えしました。
 

 
ご参加頂いた皆さまにはご自身のカメラと思い入れのある被写体をご持参頂きましたよ。
静岡県からわざわざ新幹線でお越し頂いたお客様もおられ終始賑やかな会となりました。
 

まずはカメラの仕組みから

カメラを見るとA,Sなどアルファベットがありますね。
絞りやシャッタースピード,レンズの種類などカメラの基本的な仕組みをレクチャーして頂きました。
皆さまからはへー!なるほど!というお声が。
理論に納得されていたご様子です。
 

テクニックについてもレクチャー

きれいな写真を撮りたい!雰囲気のある写真を撮りたい!と思ってもなかなかイメージ通りに表現できない!という方も多いはずです。
手前にピントをあわせて後ろをぼかしたり、光の方向性を利用して雰囲気を出したり、逆光を上手に利用する方法など・・・
 
1度のレクチャーで全てを習得することは難しいかもしれませんが、
皆さまご自身のカメラを一生懸命、触られていたことが印象的でした。
 

 

参加した感想

MAKIさんも言われていましたが、イメージしている写真を撮るためにはとにかくカメラを触ることが大切ですね。
絞りを優先なのか、シャッタースピード優先なのか?
今の光の状況であればISOはどのくらいの数値が良いのか?なども感覚的に身につくのだと思います。
 
「分からないのでカメラの設定を変えることが怖くてAUTOばかりだったけど、
ワークショップに参加してカメラを触ることが怖くなくなった」と皆さま話されていました。
 
私自身も本当に同じ感想です。
とにかく練習あるのみですね!
 

ご参加頂いたご夫婦のステキな写真

今回のワークショップをDoorのinstagramで知って頂き、ダイレクトメッセージにてお申し込みを頂いたステキなご夫婦。
お子様を可愛く撮りたいという動機でご参加いただきました。
 
柔らかい光が入るDoor3Fでの開催でしたので、逆光ではありますが白いバック紙を利用し露出の数値を考えて・・・
 

 
こんなに可愛い写真が撮れました!
 

 

今回はMAKIさんオリジナルのテキストとレクチャーを受けて撮って頂いたデータをポストカードにして発送させて頂く予定です。
またポストカードが届きましたらご紹介をさせて頂きたいと思います。
 
それではご参加くださいました皆さま、講師のMAKIさんありがとうございました!
 
IZUMI

関連記事

LINE友達追加

▶︎ID検索 @Standard_door

▶︎友だち追加ボタン

友だち追加数

▶︎Door ECサイトはこちらから

▶︎instagramはこちらから

▶︎Twitterはこちらから

Follow Me

Doorでは、Twitter,Facebook,instagram,Pinterestでも情報を配信しております。
また、RSSをご利用させる場合はFeedlyで購読していただけますので、こちらもよろしくお願いいたします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • Instagram
  • Feedly