News

HOKULASpaper vol.2発行しました!

 
 
北摂の”なんだかいいとこ”を伝えるフリーペーパー
HOKULAS paper.
 
 
12月に記念すべきvol.2を発刊いたしました!
 
 
今回の特集テーマは「北摂と、おやつの時間」。
 
おやつというテーマはとってもキャッチーで
お好きな方も多くいるかと思うのですが
北摂においての「おやつ」に着目して記事を作成しました!
 
北摂のおやつの時間を過ごすお店。
朝、昼、昼下がり、夕方。
1日の色んなシーンを切り取って
そこにぴったり合うおやつが食べられるお店をご紹介。

加えて、北摂の「おもたせおやつ」も掲載。
年末年始やバレンタインなど
誰かへのおもたせとして活躍しそうな
美味しいおやつをご紹介しております!

 
 
前号同様、北摂に暮らすご家族へのインタビューや
北摂在住の方にコラムを書いていただいたページなどもあり
読み応えもバッチリな1冊が完成しております。

実はひっそり16ページから20ページへと
増ページもしております・・・
 
 
 
 
今回のHOKULASpaperの作成も
本当にたくさんの方々のご協力・ご厚意の元で出来上がりました。
お世辞抜きに、贔屓目なしに
北摂ってやっぱいいとこやなあと思いました。
 
 
この頃は少しずつ「読んだよ!」「見たよ」「読みたい!」という
お声をいただいたりすることも増えてきました。
 
HOKULASpaperの力はまだまだ微々たるものですが
北摂の「なんだかいいとこ」をたくさんの方に知っていただき
北摂に遊びにきたり、住みたいと思ってもらえたりする
きっかけの一つになったらいいな、と思っています。
 
 
 
 

北摂を中心にいろんなお店さんに置かせていただいております。
手にとっていただいている方もいるのでしょうか?
設置店舗さんをざっとご紹介させていただきますので
興味のある方はこの記事の最下部をご覧ください。
 

また、期間限定ではありますがStandardにお問い合わせいただきました方に
Standardのカタログと共に同封してお送りさせていただいています。
よろしければ、リノベーションの資料と一緒に
資料請求してみてくださいね!

 
 

もし、手にとることがあり何か感じていただければ嬉しいです。
instagramで #hokulaspaper とか #ホクラスペーパーをつけて
感想をもらえたら、嬉しいです。
今後の制作の参考にさせていただきたいので、もしよければ是非!
 
 
 

■HOKULAS paper設置店舗さま(敬称略)
※12月頭から設置していただいているので無くなっている場合もございます。
 恐れ入りますがご了承ください。
 
 
○吹田市
Rinen/prit
CAFE and BAKE BeBe
Kawakami coffee roaster
Farman Kitchen Market
Boulangerie le matin de la vie
el Bau Decoration
WHARF ESAKA
MUFFIN
ひつじ舎
くりこ
松竹堂
onishisantoko
 
○豊中市
blackbird books
六禾
ミズタマ舎
森のおはぎ
soraji
CHOCOLATE BRANCH
akkord
 
○箕面市
FRANK -Ride and Eat-
horunu
Lula
POTLATCH
ten-to
YATT CAFE
SUPER FUNKASTIC MARKET
北摂焙煎所本店neu.cafe 箕面船場本店
Popincourt cafe
WAREHOUSE
DONUTS DEPT
季節といなり 豆椿
デリチュース箕面本店
北の椅子と
さんかく堂
BANSE

 
○茨木市
KURASHI cycle
宇 -のき-
the Farm UNIVERSAL OSAKA
GLAN FABRIQUE
らんらん

 
○池田市
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN
GULIGULI

○高槻市
イマソラ珈琲
 
 
○大阪市内
graf

 
 

年末年始休暇のお知らせ


 
 
2018/12/29(sat)~2019/1/6(sun)まで年末年始休暇とさせて頂きます。
 

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
 
2018/1/7(mon)より通常営業致します。
 
 

本年もお世話になった皆様、あたたかいご支援、本当にありがとうございました。
心から御礼申しあげます。
 
来年も、より良い「居心地いい空間」をつくるために誠心誠意努力する所存ですので
引き続きご支援を賜りますよう、クルー一同お願い申し上げます。
  

みなさま、素敵な年末年始をお過ごしください。
 
Have a Happy New Year.
 

料理を振る舞いたくなるキッチン。

11月末竣工物件のworksを新たに公開しました。
 
中古マンションのお客様が多い中、今回は木造戸建てのリノベーション。
のんびりと、雰囲気の良い住宅街にあるお家で、立地もバッチリでした。
 

 
こちらのお家を拝見してまず感じたのは
細かなディティールがこだわっていてかっこいいということです。
 
例えばこのエントランスからリビングへの入口に設置されたデザイン扉。
 

 
玄関を開けてまず目に入るこの扉。
鮮やかなブルーが印象的で「おぉー!」と思う方も多いはず。
エントランスはもちろん、随所に使われている
ヘリンボーンの無垢床も、こだわりが見えてグっときます。
 


 
 
照明のスイッチも、洋画に出てくるアパートについていそうな
おしゃれなものになっています。

 

 
 
そして何より、私が「良いなあ」と感じたのはこのキッチン+ダイニング。
 


 
キッチンの広さはもちろんのこと、キッチンと接する位置の大きなカウンターテーブル!
 
カウンターに座った家族や友人とお喋りを楽しみながら
ちょっとしたお店の厨房くらい広々としたキッチンでお料理をして
出来上がったらそのまますぐテーブルに出せる。
シェフのような気分で、コース仕立てにお料理を出したり
はたまたバーテンダーの気分でお酒を作ってみたり
キッチンに立つのが楽しくなりそうな気がして、見ているだけでワクワクしました。
 

 
 
料理・洗濯・掃除など、暮らしの中で必要不可欠であるけれど大変なこと。
毎日しなくてはいけないからこそ、時々負担になってしまうこと。
そういった問題を解決する為に
リノベーションをして家事動線などを再考し作り直したり
理想の空間にすることで家事をちょっと楽しく感じられるようにしたり。
 
リノベーションって、住まいを綺麗に作り直すだけではなくて
暮らしを良くする為のものなんだなと、改めて感じました。
 
 

料理を楽しくしたいから、キッチンをリノベしたい!
洗濯が嫌いだから洗面ルームをオシャレにして気分を上げたい!
そんなきっかけで部分的なリノベーションをするのも良いな、と思います。
Standardでは、お客様の理想の暮らしを実現する
お手伝いをさせていただいておりますので
何か気になることがあれば気軽にお問い合わせください!
 
 
new worksページはこちら