News

Standardらしさの表現。

新規物件のworksを公開しました。
 
今回施工させていただいたのは豊中市の築21年のマンション。
築30〜40年のヴィンテージマンションと違って、
比較的新しい外観や設備が充実している築20年頃の中古マンション。
こちらの物件はまさにそんな感じでした。
 

古いマンションではあまり見られないLDKの大開口をフルに生かして、
クールなカリフォルニアスタイルのリビング空間を目指しました。
 
 


リビングルームとワークルームを仕切るのはSTANDARD定番のブラックのアイアン窓。
リビングルームからの光を取り込みながら窓は横にスライドするので風通しも良好。
 
 

無垢のフローリング、古材を生かしたキッチンの腰壁、
そしてワークルームのアイアン窓。
 
これぞSTANDARDといったナチュラルで男前な空間に仕上りました。
 
 
弊社が担当する物件は築年数が経過しているマンションの案件が多いですが、
築15〜20年ぐらいの比較的新しい中古マンションは外観や設備が綺麗で
バルコニーが広かったりとお勧めです。
是非物件探しから考えている方はご参考に下さいね。
 
 
new worksページはこちら
 

リクルートページをリニューアルしました!


 
この度リクルートページをリニューアルしました!
 
Standardの思いや考え方、
実際にStandardで働くクルーにクローズアップしたコンテンツとなりました。
 
“Standardで働く全クルーの物心共に豊かな人生の実現”
 
この思いを旨に、良い社内環境作りを目指しております。
 
こちらのリクルートサイトをご覧頂き、
一人でも多くの方がStandardに興味をもって頂き、
Standardで働きたいと思って頂けると嬉しいです。
 
皆様のご応募お待ちしております!
 
リクルートページはこちら
 
 

天神橋筋の路地裏に古民家ビストロ誕生

昨年12月末竣工物件のworksを新たに公開しました。
今回は店舗デザイン・リノベーションです。
 
北摂をメインにリノベーションのお手伝いをさせていただいている我々ですが
今回は大阪屈指の飲食店街である天神橋筋の路地裏にある古民家を
肉と野菜を楽しめる創作オーブン料理のお店へとリノベーションさせていただきました。
 

 

 
お店の名前は「肉と野菜 けいとく」。
 
緑色の暖簾が印象的なお店の入り口。
店主さまが猿に似ていると言われることがあるということで
ロゴのモチーフには猿を起用。
実は顔が「けいとく」の「け」になっているんです。
こちらのロゴもStandardでデザインさせていただきました!


 
 
もともとこんな風に古民家だったこの物件。
 

 

内装はこんな感じに仕上がりました!全然違いますね。
 

 
 
昨年2018年12月13日にオープンされ
私はお店にまだ足を運べていないんですが
弊社クルーがオープン翌日に訪れて
美味しいオーブン料理をいただいてきたとのことでした!
 

(けいとく様instagramより写真をお借りしました▶︎けいとく様instagram
 
 
どれも美味しそうです・・・
ぜひ皆様も天満の方へ行くことがあれば
お肉とお野菜のオーブン料理を堪能しに足を運んで見てください!

 
 
今回の店舗リノベーション、古民家の「家感」を生かしたイメージに。
レトロなイメージのポストやダミーだから鳴らないけれど
家感を引き立てるインターフォンの設置など
施主様とStandardの色々なアイデアが散りばめられたお店です。
 
 
 
お店を持つのが夢。お店を開きたい。
でもどこから始めたらいいの?テナントも見つけられない・・。
そんなお悩みを持たれている方がいれば
ぜひ一度Standardにご相談いただければと思います。
 
Standardでは、お客様の理想の暮らしを実現するため
お家のリノベーションはもちろんのこと
店舗に関するお手伝いをさせていただいておりますので
何か気になることがあれば気軽にお問い合わせください!

 
店舗デザインの詳細はこちらにも掲載しております。
STORE DESGIN
 
 
new worksページはこちら