母の日のフラワーアレンジWSを開催しました!

2017.05.15

こんにちは。
昨日は母の日でしたね。
皆さまは何を贈られましたか?
 
Doorではムーンダストという希少品種のカーネーションを使ったフラワーアレンジメントのワークショップを開催し、
母の日の贈り物として皆さまに製作して頂きました。
ほんの一部ですがワークショップの様子をご紹介します。
 

フラワーアレンジメント完成までの手順

 

 
講師のAIさんがセレクトされた美しい花たち。
 
こちらに様々な種類の香り豊かなハーブをプラス。
 

 
今回は360度どこから見ても美しいデザインに仕上げるラウンド型のアレンジメントを作って頂きました。
まずはメインのお花、カーネーション・バラ・トリコキキョウ2種類・スカビオサを吸水性のオアシスに挿していきます。
同じ種類のお花を点在させず、2つか3つにグルーピングしていくとバランスがよくなるとAIさんからアドバイスがありました。
 

 
お花が一番美しく見える向きを意識しながら、お花どうしがお話をしているようなイメージで配置していくと全体に動きが出るとのアドバイスも。
また、動きのあるテクスチャーの横には静かなものを配置したり、長さや角度に変化をつけることで奥行きが出て立体的な仕上がりに。。。
 
感覚だけではなくフラワーデザインの理論を教えて頂きながら進めていきます。
こういった理論を理解していれば今後は自分1人でも気軽に作ってみようという気がしますね。
 
ある程度、お花を挿したらハーブ類をお花の間や足元に挿します。
そうすることでオアシスも見えなくなり、ボリュームが出て全体に立体感が生まれます。
 
皆さま360度を意識してアレンジメントをクルクル回しながらバランスを最終チェック。
 

 
そして完成です!
 

 
AIさんのアドバイスのお陰で納得の仕上がりに♪
こちらはいつもお世話になっている義母にプレゼント。
とっても喜んでくれました!

本格的なテクニックもレクチャー

 
ボルドーのスカビオサは頭が大きくて茎が細く、オアシスに挿しにくいお花の一つです。
こちらのお花の茎は空洞になっているので細いワイヤーを慎重に通し補強します。
 

 
皆さま口々に『なるほど〜!』と感心されていました!
 
柔らかい素材のハーブに関してもワイヤーで束ねてオアシスに挿したりと本格的なテクニックも教えて頂きましたよ。
 

ワークショップに参加して感じたこと

 
以前にご紹介したAIさんのプロフィールにも記述がありましたが、
AIさんのお母様はフラワーデザイナーで、幼い頃から植物が身近にある環境で育たれました。
ワークショップの花材として登場したハーブたちもAIさんのお母様がお庭で育てられたものだと伺い、
講師である娘のAIさんのためにとハーブを摘んでいるお母様の姿を想像すると心がとても暖かくなりました。
 
母の日に関わらず、いくつになっても無償の愛を注いでくれる『お母さん』に親孝行したいですね。
 
ご参加くださった皆さま、AIさん、そしてワークショップ開催にご協力下さったAIさんのお父様、お母様、本当にありがとうございました!
 

アーユルヴェーダとヨガのワークショップ開催します!

 
先日からご案内している
5月29日(月)開催の『あるがままの自分を好きなる。アーユルヴェーダとヨガのワークショップ』のお席がわずかとなりました。
お早めのお申し込みがおすすめです!
 
Door営業時間中はお電話でも受付可能です。

 
営業時間外はHPからがスムーズとなります。
 
4月からの新生活スタートでそろそろ疲れが出てくる頃かと思いますので、
是非、この機会にご自身の【心】そして【身体】と向き合ってみてくださいね。
 
それでは皆様のご参加をお待ちしております!
 
IZUMI

関連記事

LINE友達追加

▶︎ID検索 @Standard_door

▶︎友だち追加ボタン

友だち追加数

▶︎Door ECサイトはこちらから

▶︎instagramはこちらから

▶︎Twitterはこちらから

Follow Me

Doorでは、Twitter,Facebook,instagram,Pinterestでも情報を配信しております。
また、RSSをご利用させる場合はFeedlyで購読していただけますので、こちらもよろしくお願いいたします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • Instagram
  • Feedly

Standard Co,Ltd.

住宅・店鋪の内装空間をリノベーション、デザイン・設計・施工までプロデュースするStandardのHPはこちらです。

Standard

Search.

FacebookPage