& spice project

「& spice project」はStandardが手がける空間に、ライフスタイルに縁のあるさまざまなプロフェッショナルをお迎えし、新しい切口で「居心地いい空間」を創造するコラボレーションプロジェクトです。
今回は&spice project第2段としてアンティーク家具や雑貨のセレクトショップ「Antiques Knock」とコラボレーション。時を経て様々な背景や物語を持つアンティークの品々たちがシンプルで落ち着いた空間にスパイスを加えました。

2人で暮らすための居心地いい空間。アンティーク

ご夫婦お二人の住まいとなる築41年のマンションをリノベーション。
広さや間取りの取り方など、2人で暮らすことを考えて作られました。
家族の形やライフスタイルなど「暮らす人に合わせた居心地いい空間」を
作ることができるリノベーションならではの良さを生かした空間に
アンティークの家具や雑貨が加わることで変わる、見え方や表情をお楽しみください。

01LIVING & DINING.古い建物を生かしたリノベーションだからこそアンティークがよく似合う。

オークの床に天井や壁は白のクロスやタイル。アクセントとなるミッドナイトブルーのオーダー扉。木色・白を基調に空間を構成し、落ち着いた印象のリビング&ダイニング。そこに、タイルやカウンターなどツヤ感のある素材と異なるアンティークならではの深みを感じられる木素材を使ったテーブルやチェアを配置。

02KITCHEN.小物や食器の彩りが映える壁一面の白いタイル。リビング&ダイニングスペースの半分弱程度を使用し広々と使えるキッチンスペース。キッチン接するL字の壁は白のタイルを貼り、そこへ造り付けのシェルフを設置。質感や素材の異なるアンティーク雑貨を並べることで、彩り・立体感を加えた。

03WORK SPACE.リビングの一部。だけど、少し違う空間。床を1段下げ、グレーの磁器タイルにすることで同じ空間にありながら印象の異なるスペースに。デスク前の壁にL字の室内窓を設置することで圧迫感を軽減した。インダストリアルな雰囲気もあるテーブルランプやチェアでリビング&ダイニングとの差をつけた。

04ROOM & WALK IN CLOSET.「おーい」と呼べば「はーい」と聞こえる。ウォークインクローゼットで繋がっている2つの部屋。ウォークインクローゼットを挟むように設けた2部屋。「2人で使う収納」だから、どちらの部屋からもアクセスできる回遊性を持たせた。仕切りはあるけど完全に閉ざされていない。そんな繋がりを感じる空間に合わせ、軽やかで温かみのあるラタン素材の家具を配置。

05ENTRANCE.「いってきます」も「ただいま」もすっきり整った玄関だとなんだか気持ちいい。自転車などの収納スペースも兼ねて少し広めに設けたエントランス。造作の可動棚も設置し用途に合わせ整理整頓しやすい状態に。デザインクロスでさりげなく色味も加え、スタイリッシュな空間に。

PLAN

間取り

DATE

エリア
築年数
間取り
専有面積

豊中市
41年
(before)2LDK → (after)2LDK+WIC
約61.6m2

  • & Antiques Knock
  • & Antiques Knock

& Antiques Knock

フランスなどのヨーロッパの現地へ行き買い付けたアンティーク家具や雑貨の販売・レンタル、古き時代の製法やデザインを学び、現代のライフスタイルに融合させる事をコンセプトにしたオリジナル家具をはじめ、オーダー家具の制作、住宅や店舗のスタイリングなどを行う。
現在は能勢に倉庫兼アトリエを構えて活動中。

※実店舗はなく、オンラインショップから家具や雑貨の購入ができます。(2019年2月現在)


TOPに戻るTOPに戻る

資料請求はこちら
HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN