一体感とアクセントの調和 | 大阪・北摂でリノベーションなら株式会社Standard
BACK

一体感とアクセントの調和

大阪府高槻市の中古戸建リノベーション。エントランスは扉の外から続くタイルによって一体感が生まれ、より広々と感じるデザイン。間接照明とグレーの壁面の高級感も相まってまるでホテルに訪れたような気分に。LDKはストーン調やウッド、アイアンなど異なるテクスチャを美しくマッチさせ、また同じ素材も使い方を工夫することで印象を変えるこだわりの設計です。ワークスペースは両側を開口とすることで開放的に。そしてキッチンにはアーチ開口のパントリーを設け、たくさんの食材をストックできます。SICや1F、2FにそれぞれレイアウトしたWICもスペースを広くとり、家族の荷物もすっきりと収納可能。各所のアーチ開口によってカッコよさの中にもやわらかさを。戸建ならではのゆったりした空間を活かしたリノベーションとしました。
DATA
居住形態
戸建て
家族構成
ご夫婦
間取り
before 7LDK+WIC →
after 5LDK+SIC+WIC
平米数
168.5m2
エリア
大阪府高槻市

HISTORY /閲覧履歴

電話でご相談
資料請求
お問い合わせ