中古マンションのリノベーションを大阪でお考えのお客様へ

Standardの中古マンションのリノベーションのご提案

日々の暮らしをかけがえのないものに
する「居心地いい空間」。

住まいづくりを考えることは、
日々の暮らしを考えること。
住まい空間をつくることは、
生活空間をつくること。
理想のライフスタイルのなかで
家族ひとりひとりの毎日をより快適に、
より心豊かなものにする
「居心地いい空間」を
Standardがお届けいたします。

スタンダードの強み

Quality of Standard

リノベーション向き物件のご紹介
スケジューリング第一施工

ご相談からお引き渡しまで

Flow

よくあるご質問

FAQ

物件・テナント探しについて

Q1.物件・テナント探しの相談はできますか?
もちろん可能です。ご要望をお聞きしたうえで、最適な物件・テナントを一緒にお探しいたします。リノベーションに適しているかはもちろんのこと、物件としての価値など、多角的な視点からサポートいたします。
Q2.物件・テナント探しからリノベーションを考える際のメリットは?
物件とリノベーションの両方に関してじっくりとヒアリング致しますので、理想の空間を実現しやすい物件を選択し、リフォームやリノベーションのお話を進めることができるというのが最大のメリットです。また、総額のご予算に対して、物件の価格、諸費用、リノベーション費用の割合を踏まえながら物件をお探しできますので、ご予算に無理のない範囲で物件を決めることができます。
Q3.物件・テナント選びのポイントは何ですか?
マンションの構造は多種多様で一概には言えませんが、お部屋をご覧いただいた際に生活に支障が出るほど梁がせり出ている物件や構造壁が極度に入り組んでいる物件はあまりおすすめできません。ただし、ほとんどのマンションにおいては比較的自由に間取り変更を行うことが可能ですので、あまり気にする必要はありません。また、テナントの場合、一般的には空いて間もないものの方がよいとされております。しかし、これはあくまでも一般的な考え方であり、やはり業種・業態により異なります。立地やその周辺環境などを考慮したうえで、実際の内覧時や現地調査時にアドバイスさせていただければと思います。
Q4.物件探しはどのように進めていけばよいですか?
まずご要望をお聞かせ下さい。そのご要望に合う物件を一般の不動産サイトには掲載されていない物件も含めて数件ご紹介いたします。内見されたい物件がございましたら、スケジュールを決めて内見へとご案内させて頂きます。
Q5.新築ではない築浅物件をリノベーションするメリットは何ですか?
築浅物件においては新築物件同様、設備面など比較的新しい部分はそのままに、ほかの箇所を部分リノベーションすることで理想の空間づくりを行うことができます。また物件探しにおいては、共用部の配管やバルコニーなどはきれいな場合が多いので、そのような箇所の老朽化をあまり心配せずにリノベーションを行うことができる点も大きなメリットのひとつです。
Q6.候補の物件・テナントがあるのですが一緒に内見してもらえますか?
もちろん一緒に内見させて頂きます。壁は取れるのか?キッチンは移動できるか?棚を取り付けることはできるのか?回転窓を取り付けるとどうなるのか?、また、店舗の場合は、業種・業態に合わせ、より良い動線の取り方や出店する際の立地条件など、これまでの経験をもとにアドバイスさせて頂きます。
Q7.住宅ローン減税制度を受けられる物件を探すことはできますか?
はい、お探しできます。制度の対象となる住宅の条件に適合する物件をお探し致します。

資金計画について

Q1.資金計画の相談はできますか?
「物件の相場はいくらぐらいだろう?」、「今物件を購入してもいいのだろうか?」、「ローンの仕組みがわからない」などのあらゆる不安をすべてご相談下さい。「どのタイミングでお話を進めるのが最適なのか」から「ローンの組み方」までわかりやすくご説明いたします。
Q2.予算があまりないですが、相談に乗ってもらえますか?
もちろん可能です。ご予算に合わせたプランをご提案させて頂きます。その他柔軟に対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。
Q3.いくらぐらいの借り入れができるかわかりますか?
金融機関によりますが、お勤めの状況、ご年収、他の借り入れ状況などをもとに、弊社提携の金融機関にてご相談(事前審査)いただくことが可能です。
Q4.月々の支払いを一定額におさめることはできますか?
マンションの場合、物件によって異なりますが、住宅ローンの支払い以外に修繕積立金、管理費、駐車・駐輪場代などがございますので、それらを考慮した資金計画が必要となります。
Q5.古いマンション・戸建てでもローンを組むことはできますか?
原則可能です。金融機関によりますが、築35年を境として若干審査基準が変わることが多いようです。ご年収や他の借り入れ状況などにもよりますので、詳細に関してはお気軽にお尋ね下さい。
Q6.固定金利と変動金利の違いで、返済額はどのくらい変わりますか?
例えば、借入金額を物件費用+施工代で3,000万円、借入期間を35年とし、固定金利2%の場合と変動金利0.775%(金利が変化しないと仮定)の場合で比較すると、返済総額に約750万円もの差が生じます。住宅ローンは賢い運用が大切です。

お客様の声

お客様の声

大阪のリノベーション会社Standardのコンテンツ一覧です。

TOPに戻るTOPに戻る